インテル、Core m3搭載の高性能スティックPC発売 サイズや重さはAtom機と同様

シェアする

 インテルが、スティック型PC「Compute Stick」(コンピュートスティック)の上位モデル『STK2M3W64CC』を発売開始しました。
実売価格は税込で5万8000円前後。搭載OSはWindows 10 Home 64ビット版です(Microsoft Officeは付属しません)。
特徴は同種のモデルとしては初めて、心臓部となるCPUに第六世代(Skylake)の『Core m3-6Y30』を搭載した点。
 従来の同シリーズや他社製モデルが搭載するAtomシリーズに比較して消費電力と発熱は多いものの、性能が大きく向上します。
 本機はもともと、2015年9月のIFA 2015でプレビューされたモデル。当時のバージョンより本体カラーやUSB タイプC端子の扱い(発売版では電源入力ポートとなりました)などが変更されています。当時から見てきたユーザーからすると「やっと出た」というモデルでしょう。

 CPUが従来機のAtomシリーズからCore mとなったことで、インテルは「従来の製品と比較して、処理能力やグラフィックス性能が大幅に向上しています」と謳います。となれば、従来のAtom搭載モデルに比べて本体の大きさや重量増が気になるところですが、実はほとんど変わりがありません。
 具体的な本機のサイズ(縦長にした状態)は38×114×12mm (幅×高さ×厚さ)で、本体重量は60.2g。
対してAtom x5-z8300搭載の現行モデル『STK1AW32SC』は、サイズが38×113×12mm、本体重量60.0gと、ほぼ同じサイズと重さ。

 つまり本機は「価格こそ高価ながら、サイズと重量をほぼ変えずにCore m搭載を実現したモデル」という位置づけになります。
 なお他メーカーのスティック型PCなどではファンレス動作の製品もありますが、本機は小型ながら冷却ファンを搭載するタイプ。
動作音では当然不利ですが、テレビの背面など、熱のこもりやすい場所でも安定した動作が見込めます。
 隠れたポイントとなるメインメモリは4GBのDDR3L-1866を搭載。増設不可ですが、グラフィックス性能では有利となるデュアルチャンネル対応仕様です。ストレージはeMMC接続の64GBフラッシュメモリを搭載。Atom機ではそれぞれ2GB+32GB構成が多いため、上位機らしい差別化となっています。さらにマイクロSDカードスロット(SDXCとUHS-I対応)も備えます。
 CPU内蔵グラフィックスはCore mならではの「HDグラフィックス 515」を搭載。4Kなど高解像度環境でAtom系に比べて速度の優位を発揮するため、インテル側は「4Kデジタルサイネージ等の用途に最適」とアピールします。ただしHDMI出力端子のバージョンは1.4bなので
4K解像度時のリフレッシュレートは30Hzまでなのが惜しいところです。
 さて、ユニークなのはUSB端子。本体に搭載する3.0 タイプA×1基に加え、なんとACアダプタに3.0 タイプA×2基が用意されます(下側の図では、ワイヤレスキーボードとマウスをACアダプタ側のUSBで接続しているところ)。
 ACアダプタと本体の接続端子はUSBタイプCコネクタとなっているため、これでUSBと電源をまかなう仕様です。
なお、電源出力は5V、4A=20Wと大きめ。ライバル機などではAtomを採用していたこともあり「テレビからのUSB給電」という手法が使えましたが、さすがにCore m搭載ということで現状ではACアダプタとの組み合わせが前提となっており、残念ながら設置の利便性は減っています。
ちなみにACアダプタはACケーブルレスとなる、いわゆるウォールマウント形状です。
 隠れた特徴がWi-Fiの速度。搭載するアダプタは最高866Mbps(いわゆる2×2ストリーム)対応のため、433Mbpsまでの対応が多いライバル機と比べて優位となります。

no title
http://japanese.engadget.com/2016/06/22/pc-core-m3-ac-usb3-0/

主な仕様は、
CPU:Core m3-6Y30(2コア4スレッド、基本クロック0.9GHz、ターボ時最大 2.2GHz)
GPU:インテル HDグラフィックス 515(CPU内蔵)
メモリ:4GB(DDR3L-1866MHz、デュアルチャンネル、増設不可)
ストレージ:64GBフラッシュメモリ(eMMC接続)
外部ストレージ:マイクロSDカードスロット×1(SDXCとUHS-I対応、最大128GB)
ディスプレイ出力:HDMI 1.4b×1
無線接続:インテル Dual Band Wireless-AC 8260(IEEE 802.11ac 最高速度866Mbps+Bluetooth 4.2)
拡張端子:USB 3.0 ×1 (本体)、USB 3.0×2(ACアダプタ)、電源入力
電源:ACアダプタ式 (出力5V、20W)
本体サイズ(縦長状態):38×114×12mm (幅×高さ×厚さ)
本体重量:60.2g

といったところ。
 このように本モデルは高価ではあるものの、従来モデルのコンパクトさを保ちつつ、CPUをはじめとする基本性能を順当にアップさせた仕様。
 米国での希望小売価格は399ドルのため日本価格はきつい感があるものの、「ビジネス向けPCとしてメインでも使える性能をスティック型で実現できる」というメリットは現状で他にないだけに、魅力は決して小さくはないモデルです。

 なお、秋葉原の一部PCパーツショップでは、STK2M3W64CCのOSなしモデルとなる『STK2M364CC』が実売4万3000円で、CPUにより高速なCore m5-6Y57を搭載したOSなしの上位モデル『STK2MV64CC』も実売約7万円で発売中です。

6: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:04:47.72 ID:PkYwpjNk
Chrome使うだけだから安いのでええわ

7: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:05:28.23 ID:YHqQBcpv
高杉w
売れるわけないだろw

8: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:06:09.15 ID:+Vk4PBIs
1万円台前半なら売れるだろう。

9: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:08:07.64 ID:YHqQBcpv
ノートより高いとかw

5年保証でも付けてくれないと誰も買わんよ

10: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:10:30.42 ID:DjdoZGq/
電子看板用途ならもっと軽いOSでも良さそう

13: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:13:43.08 ID:YHqQBcpv
しかしCore mがスティックになるとは
さすがインテル

おすすめ記事

引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1466646982/

15: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:19:03.28 ID:rI+FrUw6
もうルーターに内臓してくれよ。

19: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:24:02.83 ID:rI+FrUw6
じゃ、これからはモニターの時代だな。

SSDとかいろいろ内臓できるモニターが主流か。

それのほうがいいか、どっか壊れるとほとんど破棄だもんな今のPC。

22: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:27:40.12 ID:xf5m0FvY
>>19
PCって、部品で交換できるだろw

20: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:24:34.69 ID:RCgqy1Mp
1万以下なら価値はあるけど、これで4万はねえよw

22: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:27:40.12 ID:xf5m0FvY
>>20
no title

23: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:32:01.54 ID:73KgLIyO
ディスクトップPC買える

24: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:33:01.24 ID:2B/0sP2t
CPU性能がコレの倍になったら買う

25: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:33:34.36 ID:1eNWBhXf
Type-Cの電源アダプタがUSBハブになってるのはまさに自分の理想。
Macbookにこういうのが欲しかったんだよ。。。本体の近くはシンプルにしたいんだ。

26: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:34:31.50 ID:Oh20hteA
 結局、何を揃えればいいのか、よく分らん商品だな。

28: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:46:42.79 ID:XJkf1blc
熱処理どうなの
夏場はスティックPCとかろくに使えないだろ

30: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:52:29.35 ID:FBApT5ym
>>28
俺が買った奴にはファンが内蔵されてたな

34: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 12:03:03.77 ID:9rKOBauC
>>28
インテルのはファン付き
他社が出してるのはファンレスが多くて熱で壊れるからクロックダウン多発

36: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 12:09:13.00 ID:QuZ8SuWm
>>28
塩ビチューブをスティックに巻いてコップに差し込んで置い
たら自然水冷できそうだな!ゲームもできるかもしれん。

33: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 11:59:20.99 ID:5KeR/K4r
ノートPCでおk

37: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 12:11:52.79 ID:t4FQTDcL
PassMark CPU性能表見ると2010年頃のローエンドXeonと同等なのか
TDPが1/10以下になったことを考えると物凄い進化だな
3万切ったら買ってみたい

38: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 12:13:42.50 ID:ri5OPOSs
1台のPCでデュアルモニタにして一つはブラウジングに使ってるから
そっち用にスティックも考えてるなあ
なんかあった時用のサブPCに頼らずとも
スティックでブラウジングして問題解決出来る訳だし

「問題」というのが大抵の場合
windowsUPDATEというヒドイ話…

42: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 12:21:09.39 ID:9rKOBauC
>>38
これもWin10Homeなので有無を言わさずアップデートだからな
64GBだから余裕はあるが結局ストレージがパンクするまでが製品寿命という

44: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 12:30:06.89 ID:CZd1MRJ1
>>42
それが心配なんだよなw
スティックも10じゃ両方updateで逝ってしまわれるという
結局xpのサブ持ち出しとか本末転倒か

よさげな7のスティックでどうだろうかw

40: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 12:18:44.18 ID:DevXE9QJ
5万出すならメモリ8Gとssd256Gは欲しい

41: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 12:20:27.49 ID:MQYz/T7D
スティックPCってどういう用途で威力を発揮するの?
今のところオモチャとしか思えない

46: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 12:35:24.64 ID:y283V1R3
アダプタが必要って時点で要らん。

47: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 12:56:43.73 ID:Ki7YV3bX
小型かつ高性能で高発熱は地雷
インテルでも避けるわ

小型なら価格そこそこで発熱押さえて
RAMさえちゃんと乗ってればええんや

50: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 13:30:31.23 ID:ySQJH9Uo
高杉

マウスコンピュータのが1万円以内で買えるのに。

54: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 14:16:52.31 ID:N1zwQXUJ
高い32Gで3,2万税込みにしろ

55: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 15:10:26.55 ID:OyJ8bpmv
これで24インチのディスプレイとマウスキーボードが付いてるなら購入候補

56: 以下、自作大好き名無しさんがお送りします 2016/06/23(木) 16:01:49.82 ID:/Gr1s7rG
どれだけ性能上がろうが、発熱増えるデメリットの前には無力

必殺自作人 今週の人気記事
新着人気記事

この記事へのコメント一覧

  1. 名前:名無しの自作人 投稿日:2016/06/24(金) 09:14:48 ID:e2d494d1f

    >>ディスクトップPC買える
    今はそういうのがあるのかとググったが、やっぱりそんなの無かった。