【速報】OCZ、実行速度が5割増しになった東芝製15nm NAND採用SSDを発売キタ━━━━━━━━!!

シェアする


 東芝傘下のOCZ Storage Solutionsが11日、エントリー向けSATA SSD「Trion 150」シリーズと、ハイエンドユーザー向けのM.2 SSD「RevoDrive 400」シリーズの2モデルの国内での展開を発表しました。
今回はその中でも身近な「Trion 150」シリーズを紹介します。

no title
no title
no title

 「Trion 150」は、2015年7月に発表されたTrion 100の後継モデルとなり、同じく東芝製のTLC NANDフラッシュを搭載するそうです。
製造プロセスは19nmから15nmへと縮小され、キャッシュのアルゴリズムの改良などを行ったことで、シーケンシャルとランダムアクセスのスループットが向上。スペックシートでの性能は変わらないものの、ファイル転送時などで性能差を実感できるとしており、50%の速度向上を謳っています。

no title
no title
no title
no title

 気になる容量のラインナップですが120GB/240GB/480GB/960GBの4種類が一挙に来週末に発売予定。
価格はオープンプライスですが、Triton 100とほぼ同等価格で、他社に対して競争力のある価格設定が適用されるとのこと。
ちなみにこの記事作成時点でTriton 100の最安価格は下記の通りとなっており、50%の速度向上を達成しながらこれに近い価格で販売となるとかなりコスパ的によさそうです。

no title
no title

自社および他社製品との機能比較
no title

こちらは性能比較の表
no title

 さらに特筆すべき点として、Trion 150は2015年から日本でのサービスが開始された「シールド・プラス保証」が付帯されているのですが、これは日本での代理店保証などとは別に設けられています。
 例えばSSDが故障した場合などに、返信用の伝票と一緒に故障製品を送れば新品に交換してくれるというもので、ユーザー側の送料負担などはなく、SSDのシリアル番号さえ分かればレシートも不要という太っ腹。
 Webフォームからの手続きですぐに新品が発送され、故障品がメーカー側に届くまで待たされるといった煩わしさから解放されるとしています。
 ただし、申請フォームは日本語対応がなされていないので、ユーザーはがんばって英語で必要事項を記入する必要があるんだけどね(´;ω;`)

no title

 実効性能が前世代の5割増しになったという「Trion 150」。来週スエの発売が楽しみです。
それにしてもSSDってだいぶ安くなったなぁ

おすすめ記事

この記事に関してTwitter民の反応



必殺自作人 今週の人気記事
新着人気記事

この記事へのコメント一覧

  1. 名前:名無しの自作人 投稿日:2016/03/13(日) 00:38:39 ID:b83ab0bea

    960GのSSDか
    もうOSだけSSDとかにしなくてもいいんかな

  2. 名前:名無しの自作人 投稿日:2016/03/13(日) 00:42:35 ID:0a7e455c8

    SSDって何度も読み書きしてると寿命一気に縮むんだよな
    いくら大容量化してもプログラムフォルダとかに使うのは勇気がいる

  3. 名前:名無しの自作人 投稿日:2016/03/13(日) 00:54:48 ID:ec31744b8

    ※2
    大量に映画保存してる奴はSSDに全部移すとか?これならほぼ読み出しだけだよな

  4. 名前:名無しの自作人 投稿日:2016/03/13(日) 01:32:33 ID:cfba28b78

    ※3クソワロタwwwww

  5. 名前:名無しの自作人 投稿日:2016/03/13(日) 05:41:54 ID:9ccc50406

    これよりREVO DRIVE 400の方が気になる。

  6. 名前:名無しの自作人 投稿日:2016/03/15(火) 18:32:29 ID:b6cc9bf07

    TLCとかイラネ

  7. 名前:名無しの自作人 投稿日:2016/04/06(水) 03:18:24 ID:08c96b9a8

    米尼で960GBは安いなあ
    Price: $219.99
    + $23.55 Shipping & Import Fees Deposit to Japan
    適用する換算レート次第だがいずれにしろ1万円近く
    安くなりそう
    ポチってくる